業者に依頼する場合は

業者に調査の依頼を行なうのであれば、事前に見積もり依頼を行なうようにするといいですよ。見積りを出すことによって調査費用がいくらかかるのか知ることが出来るので、忘れずに行ないましょう。

地盤調査業者の調査方法

平板載荷試験

平板載荷版試験はその土地がどれだけの負荷に耐えられるのかを調べる調査になっています。建築業務と並行して行なわれることの多い調査となります。

ボーリング調査

ボーリング調査は地盤の固さや状態を調べる調査になっています。この調査も建築業務と併せて行なわれることが多いですが、環境調査として利用されることもあります。

現地浸透試験

現地浸透試験では地盤にどれだけ水が浸透するのかを確認する調査となっています。この調査はヒートアイランド現象や地盤沈下に役立つ調査として注目を集めています。

物理探査

物理探査は特殊な機器を利用して、地面下の磁気を図り状態を確認する調査となっています。記録器の波形図を見ながら地面の状況を知ることが出来るので、リアルタイムで調査を進めることが出来るのです。

地盤解析業務

地盤調査のデータを代わりに解析する業務も地盤調査業者では行なっています。専門的な知識を多く身につけている専門業者ならではの解析業務と言えるでしょう。

ホントは怖い液状化問題!《液状化対策は専門業者にお任せ》

カップル

建築で注意されている部分

地盤が変化し、元々硬かった地層の水分量が増えてドロドロになってしまうことがあります。このような状態は液状化と呼ばれており、住宅を建てる際には最も注意されていることの一つとなっています。このような場合には専門業者に頼んで液状化対策を行なうようにしましょう。

住宅を買う前に

液状化対策を行なっているかは分譲マンションや注文住宅、新築一戸建てを購入する前に確認しておきましょう。また地デジアンテナの取り付けの確認併せて行なわない物件の購入後に後悔してしまう可能性も出てきます。

専門業者は全国各地にいる

液状化対策を行なう専門業者は全国各地にいます。大阪や京都には平板載荷試験に評判の良い業者がおり、岐阜にはボーリング調査で評判の良い業者が存在していますので、どの業者に相談するかをしっかりと考えておきましょう。

業者の特徴を知る

地域や調査法によって得意不得意が業者にもあります。このような特徴を見分けることも調査依頼を行なう上で重要な部分と言えるでしょう。口コミや評判を確認しておくと業者の特徴を把握しやすくなりますよ。

[PR]地盤の液状化対策
質の高い調査を実施すべし!

[PR]分譲住宅は大阪の専門店で買おう
耐震性・耐久性の高い物件を多数販売中

[PR]新築一戸建てなら京都で買おう
優良物件が満載☆

[PR]地デジアンテナの修理はプロにお任せ!
安心・安全な施工を行なってくれる

[PR]岐阜で注文住宅づくり!
念願のマイホームをGET☆

地盤調査業者を利用した方々の口コミ

しっかり調査を行なってもらえました

家を建てる時に地盤の調査を行なっておきたくて業者に依頼したのですが、素人の自分にも分かりやすく説明してくれましたし、データも持って来てくれたので良かったです。

土地を売るためにやりました

土地の価値を上げておこうと思い、環境汚染調査と地盤調査の両方を行ないました。結果として何も問題がなく、土地も調査を行なったのきちんと売却することが出来ましたよ。

依頼料も安かったです

調査料って高いもんだと思っていたのですが、思っている以上に安くて驚きました。安いからと言って手を抜いているように見えませんでした。良い業者だったと思います。

調査を行なうだけで信頼が違う

土地の売却を行なうのであれば、調査は絶対やっておいた方がいいですよ!安全と証明されている土地とそうでない土地では信頼度が全く違います。経験者だからこそ調査やっておくことををオススメします。

広告募集中